Home » O2O・オムニチャネルマーケティング

O2O・オムニチャネルマーケティングO2O・オムニチャネルマーケティングコンサルティングのフィルゲート 

ポイント
・ネットとリアル分野をシームレスつなぎ、環境を問わずあらゆる方向から接点を得られる状況を作り上げます。
・常に最新の情報を取り入れながらも長年ネット&リアルマーケットに深く携わり、実績を積んで得た経験と調
査・分析を基にクライアントに適したマーケティングプランをご提供しております。

 O2O時代の顧客購買行動

O2O時代の消費者購買モデル

スマートフォン、タブレットPCの普及、GPS、Wifi、ソーシャルメディアの活用によりマーケティングも従来の4P(Product、Price、Place、Promotion)を一義的に捉えるだけで機能しなくなり、場当たり的な計画では返ってリソースを消耗する状況になりかねません。

生活者が捉えられる情報も一方通行から双方向へ、O2O/オムニチャネルビジネスにおいては更に近年オムニチャネル(多様化)と言われるWEBとリアル分野をシームレスつなぎ、環境を問わずあらゆる方向から接点を得られる状況となりました。

デバイスの利用についても家庭ではPC、スマートフォンで情報を得て、外出・移動中でも引き続きスマートフォン・タブレットで引き続き商品、サービス、その他情報を捉え、更にGPSを活用して最寄りの店舗・施設までをナビゲートしていく。店舗・施設に到着した時には既に必要としている情報の大半を得ている等、従来とは比較にならない程変化しています。

また、購買決定のタイミングについては、来店間際であってもデバイスの利用により商品比較・検討が容易となった為、事前に十分吟味をしてからと言う意識が薄れ、直前で決定・変更が容易になりつつあります。

店舗側としてはPOSによる購買後の情報をもとにマーケティング戦略を立てることから、そこに至るまでの行動・購買前情報を織り込んた戦略を立て、実施する状況が今後必須となる事でしょう。

O2O/オムニチャネルはネットとリアルにまたがる領域

B to C市場において、EC等のネットとリアル店舗は消費者にとってはスマートフォン等のデバイスの登場により、今後別々の市場との認識はされず、オンラインからオフラインへ、オフラインからオンラインへと自らの状況に応じて行き来することになります。ネットとリアルをまたがる購買行動を支えていく領域が、O2O/オムニチャネルとなります。

 

 O2Oビジネスプログラム

O2Oビジネスを成功に導くには、「経営戦略」、「オンライン戦略」、「オフライン戦略」が各々バラバラに展開するのでは無く、3身一体となったプログラムを構築して展開する必要があります。消費者の購買行動に対応する為、O2Oビジネスに必要なこの3要素連結・循環を基に最適なプログラム・施策を立案、実施します。我々は、常に最新の情報を取り入れながらも永年、WEB&リアルマーケットに深く携わり、実績を積んで得た経験を元にクライアントに適したO2Oマーケティングプランをご提供しております。

 

 

Copyright(c) 2013 O2O・オムニチャネルマーケティングコンサルティングのフィルゲート All Rights Reserved.